間違ったトレーニング方法、正しいトレーニング方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日はよく見る5つの間違ったトレーニング方法について話します。せっかくトレーニングをするなら正しい方法を見につけ、以下の間違った方法は避けるようにしましょう。

1.背中が曲がったままウエイトを持ち上げる

ジムでよく見かけるのは悪い姿勢でウエイトを持ち上げることです。間違ったトレーニング方法の中でも一番怪我につながりやすいので要注意です。

トレーニングをする際には正しい方法、フォーム、姿勢などを学びましょう。そうしないと効果が出ないのはもちろん、腰など怪我します。

2.自分に合わないウェイトを使う

自分に合うウェイトの選択

よくありがちなのは、自分の筋力、目標、レベルに合わないウエイトを使うことです。特に重すぎるウェイトを使うことですが、そうするとフォームが崩れ、正しいやり方にならずまた怪我もしやすいです。

また、逆に軽すぎるウェイトを持ち上げることもありますが、そうすると折角頑張っても効果が出ませんね。適切なウェイトを選ぶのが大事です。

3.トレーニングすべき筋肉が違う

体のどこを鍛えるかは大事なポイントです。ボディメイクが目的な女性の場合割れた腹筋がほしいと思い腹筋をメインにするのは大間違いです。腹筋は比較的に小さい筋肉ですが、脚、背中などの大きい筋肉をメインに鍛えるべきですね。

いくら腹筋を頑張っても貯まった脂肪を燃やさないと腹筋は見えません!脂肪を燃やすにはまず代謝を上げること。代謝を上げるには大きい脚と背中をメインに鍛えるべきです。腹筋はその次サブで構いません。

4.トレーニングの順番が違う

体のどの部分を先に鍛えるか、筋トレと有酸素運動はどの順番でやるべきかも重要です。基本的には大きい筋肉から鍛え、有酸素運動は最後に行うのがいいです。

ただ個人の目標やレベル、メニュー内容にもよるので、自分に合うトレーニングメニューのカスタマイズが必要ですね。なのでジムに着いたらまず走る方、腹筋マシンに座る方、間違ってますよ!

5.回数の間違い

筋トレは筋肉に負荷を与えることで筋肉を壊し、壊れた筋肉は回復によりもっと強くなるものです。ここで適切な負荷を与えてあげないと筋肉は壊れないのですが、よく間違えやすいのは筋トレをやっても全然回数が足りないことです。

例えば同じスクワットをやっても10回やって疲れたから終わりにするのではなく、疲れて10回以上できない場合でも、少し休んでまた10回をやるべきです。そしてまた10回。

このように全体の回数を増やし適切な負荷を与えないと、筋トレ頑張ってもあまり変化が見えないかもしれません!

以上、トレーニング時に気をつけないといけない、よくある間違ったトレーニング方法についてでした。みなさんも正しい方法を身につけ、自分の目標を効率よく達成できるように頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談で、今すぐトレーニング始めてみませんか?

無料カウンセリングの予約を受け付けています。

簡単なご相談でも、お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ・無料相談

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA